借金返済方法

家族に知られずに借金問題を解決する方法って?

このサイトにアクセスしてくださってありがとうございます。
このサイトを訪れてくれたということは、何らかの借金問題を抱えていて悩んでおられるのだと思います。
悩むどころか、金融会社からの厳しい催促電話が続いていたり、裁判所からの通知が届いたりして、眠れぬ日々を過ごしている人もいるかもしれません。

 

借金返済に悩む理由は人それぞれです。

 

  • 株やFXなどの投資の失敗
  • パチンコや競馬などのギャンブル資金
  • 急な病気や失業
  • 事業資金
  • 男女関係の交際費用

 

などなど。

 

更には自分に落ち度がないような理由もあるでしょう。

 

  • 亡くなった親族から債務を相続してしまった。
  • 保証人として友達のローンを背負う羽目になってしまった。

 

などなど。

 

 

でもほとんどの人が、借入をした際には「すぐに問題なく返済できるはずだったのに、、」と思っていたでしょう。

 

当初の契約通りに全額を返済するのが一番いいというのはまさしくそのとおりです。
でも当初の計画が狂ってしまって、いくら頑張っても無理なものは無理という状況はあると思います。

 

そんな時に一人で悶々と考えていても、思考はどんどんとマイナス方向に進んでいくことになってしまいます。

 

いったいどうしたらいいのか?

 

 

借金を返済できずに生活に困窮している人の為に、きちんと整備された救済制度が存在するんですよ。
それが最近は巷でも耳にすることも多くなってきた、いわゆる「債務整理」と呼ばれる方法ですね。

 

「債務整理」と聞くと、ダメ人間の烙印を押されるような気がして、拒否反応を起こしてしまう人もいるようです。

 

でも「債務整理」というのはそんなものじゃないんです。人として尊厳ある生活を維持するために整備された制度なんです。

 

借金問題で精神的にまいってしまう人の多くは、金融会社からの矢のような催促が原因になっていることが多いようです。

 

債務整理の法的手続きを開始するまず最初のメリットは、金融会社からの催促が一切なくなるという事なんです。
法的手続きを開始した人へ直接請求する行為は法律で禁じられているので。
早ければその日のうちに催促電話がかかってくることがなくなるようです。
だからもっと早くやっておけばよかったと言う人がほとんどなんですよね。

 

家族や周囲に知られることなく借金を解決したいなら、すぐにでも金融会社からの催促を止める事が最重要課題ですからね。

 

債務問題を解決する4つの方法

個人の借金返済を解決するための債務整理(法的な手続き)には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類の方法があります。
それぞれについて、簡単に内容を説明したいと思います。
あなたにとって実際にどの方法が最も良いのかは、最終的に弁護士と相談して決める事になると思います。
なのでまずはそれぞれの概要だけ簡単に把握しておけば、話がスムーズに進んでいくと思います。まずはこの知識さえあれば大丈夫なので押さえておいてください。

 

 

【任意整理】

 

支払額を減らす事で、借金返済が可能になる場合に行うのが任意整理です。
裁判所を介さずに、借入先金融会社との交渉によって借金の額を確定して、弁済方法について和解することです。
全ての借入先金融会社1社1社と債務に関する交渉が必要となります。だからかなり手間がかかり、かつ高度な交渉力が必要な方法といえるでしょう。
本人がすることもできるわけですが、裁判所を通さない私的な債務整理なので、債務者本人の交渉には応じない金融会社も多いんですね。
そして、もし応じてもらえたとしても債権者有利の内容になってしまいがちなので弁護士や司法書士などの専門家に依頼したほうがよいと言われています。
また長期間に渡って高金利での借入を行っていた場合、過払金の返金という形でお金が戻ってくる可能性があります。
裁判所を介さずに行うので官報への掲載などがなされず、基本的に誰にもバレることはありません。

 

 

【特定調停】

 

特定調停は簡易裁判所に申し立て、調停委員を仲裁役として、債務者の経済的再建を支援する制度です。
裁判所における任意整理というイメージです。利息制限法に基づいて債務を引き直し、3年程度で将来利息なしの分割返済に変更してもらうことを目的とします。
過払い金の返還請求はできません。

 

 

【個人再生】

 

銀行などの金融機関に住宅ローン借入があり、自宅を手放したくない場合に行う方法が個人再生です。
自己破産すると所有物件を、競売や任意売却などで手放す必要があるため、救済措置としてできた民事再生法という法律の中の手続きのひとつで、比較的新しい方法です。
個人再生を申し立てるには、弁護士に再生計画を作成してもらう必要があります。将来に渡って一定の収入が見込める必要があります。
再生案が認められると、借金が「借金の5分の1か100万円の多いほう」に減額できます。

 

 

【自己破産】

 

自己破産とは、債務者が自分の全財産で借金を返済することが不可能になった場合(=支払不能)、強制的に財産を金銭にかえて全債権者(借入先金融会社)に公平に分配する裁判手続です。
自己破産は、無職・無収入や、収入に対して債務額が大きすぎて返済不能になっている場合など、他の整理方法では解決できない場合の、全ての借金を帳消しにできる最終手段です。
本当にどうにもならない場合は、自己破産して再スタートするしかないでしょう。

 

 

 

 

弁護士に相談するということ

上記に記載したいずれの法的手続きも、実際に行うには高度な専門知識が必要になるわけです。
自分で勉強して知識を得る事も不可能ではないですが、やはり現実的には弁護士に依頼する事になるでしょう。

 

自己破産や個人再生、特定調停は裁判所での手続きが必要になります。
また任意整理に至っては、借入を行っている本人からの申し出は、ほとんどの金融会社が応じないというのは先ほど書いたとおりですから。

 

弁護士に依頼すると、まずは、債権者(借入先金融会社)に「受任通知」という封書が送られます。
この通知が届くと金融会社からの借金返済の催促が一斉に止まるわけですね。
現在、借金返済の催促が続いているようでしたら、家族や職場にバレる前に、とにかく弁護士に相談する事です。
通知が届くまで待てないというような緊急の場合は、弁護士に相談して、債権者に電話連絡してもらえばいいですよ。
それまで続いていた嵐のような催促が、いとも簡単に止まるので、拍子抜けしたという人が多いのも実情です。

 

ただ、それまでの人生で、弁護士に相談するという事がなかったという人がほとんどなわけです。
それもあって弁護士という存在が身近ではなく、弁護士に相談するという事を恥ずかしく思ったり、費用を心配する人が多いようです。

 

しかし今は借金問題で困っている人は本当に多く、借金問題を弁護士に相談するということはごく当たり前のような状況になっています。
「債務整理」が専門という弁護士の多さがそれを物語っているでしょう。だから弁護士に相談するという事に対して必要以上に構える事はないと思います。

 

また最近は弁護士が増えたということもあり、費用面でもかなり安くなって来ているようですし、分割払いも可能なところが多いです。
借金返済に苦しんでいる人が、手持ち資金に乏しい事は弁護士側ももちろん承知していることなので、事前に色々と心配する必要はないと思います。

 

 

 

 

借金解決診断シミュレーターを利用してみる

ただやっぱり、いきなり弁護士事務所に電話をするというのは、かなり勇気がいる行動ですよね。
そこで、「借金解決診断シミュレーター」というサービスを紹介したいと思います。

 

 借金解決診断シミュレーターというのは、簡単な質問に答えるだけで(5問程度)、債務の減額方法や月々の返済額がいくらになるのかを調べる事ができるサービスです。
借金問題の解決にむけて、何も見通しがつかないような、まるで雲を掴むような状態からは抜け出せると思いますよ。
(日本全国OK、土日祝日OK、24時間受付OK)

 

名前や住所も入力不要なので、匿名で利用できるというのもありがたいですよね。もちろん無料で利用できます。
そして借金を解決できそうな診断結果が出た場合に、実際に弁護士に相談すればよいのではないかと思います。

 

ただ悶々と悩んでいるだけでは、借金問題を解決することはできませんからね。
少しの勇気と少しの行動が、以前のような平穏な生活を取り戻す第一歩となります。

 

ぜひ一度、この「借金解決診断シミュレーター」というサービスを利用してみてください。

 

あなたの借金問題が解決することを心から祈っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他コラム

 

 

借金が返せないほど増えた場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と相談して、返済額の調整をすることになります。このような任意整理が行わますが、任意整理の際に、銀行口座が凍結される場合があります。銀行に預金がある場合は債権者に返済すべきお金として取られてしまうので、任意整理となる前に引き出しておきましょう。債務整理してから、住宅ローンの仮審査を銀行で申し込むとどうなるかというと、利用できないことになっています。債務整理をしてしまうと、今後、数年間は、借金ができなくなり、信用情報に載ってしまうことになります。利用することを検討するならそれなりの時間をおいてみましょう。債務を整理すると、結婚の際に影響が出るのではないかと思っている人がいますが、債務を整理せずに、多額の借金を抱えているほうが問題です。債務整理をしたせいで結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、家を建てたい際に、債務整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。7年以上間をあければ月賦が組めるようになります。

 

借金返済の方法が見つからずに途方に暮れてしまう前に債務整理を検討すればよいと思います。債務整理に掛かるお金というのは、やり方によって大きく差が出ます。任意整理みたいに、1社それぞれを低い金額で利用することができる方法もあるものの、自己破産のように、かなり高めの料金を必要とすることもあります。自ら出費を計算することも必要です。債務をまとめると一言で言っても様々な種類があります。債務不能者と債務者の話しあい、自己破産や過払い金請求など沢山です。どれも性質が異なるので自分はどれを選択すればばいいのかというのは専門家のアドバイスを受けて決断するのがいいと感じます。債務整理をしたことがある友人からそれについての経緯を耳にしました。借金返済の方法が分からずに本当に苦しんでいたけど、月々がずいぶん楽になったそうですごく良かったです。自分にも色々なローンがありましたが、もう完全に返し終えたので私には関係ありません。債務整理には短所もありますから、全て返済しておいて良かったです。借金なんてそのままにしておいたらって友達は言うけれど、それは無理だと考えて債務整理を決意しました。債務整理を実行すれば借金は少なくなりますし、どうにか返済していけるという結論に至ったからです。おかげで日々の生活が苦ではなくなりました。自己破産というのは、借金を返すのがもう確実に、無理だということを裁判所から理解してもらい、法律上で、借金をなくしてもらうことができる方法です。生活を営んでいく時に、必要最低限の財産以外は、すべてをなくすことになります。日本の国民であるならば、誰もが、自己破産をすることが可能です。債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、まず気にかけるべきことは着手金とその後にかかる費用についてです。着手金の平均的な金額は一社につき二万円くらいです。時に着手金は受け取らないという弁護士事務所も目にしますが、これは過払い金がある人だけに適用されますから、留意して委託してください。交渉を通して合意成立した後に、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などで借入を申し込んだとしても。審査のタイミングでノーと言われます。信用情報機関のブラックリストに載ってしまったら、記載が抹消されるまでには5〜10年の歳月が必要ですので、それより後になれば借り入れが出来ます。私はお金を借りたことで差し押さえの可能性がでてきたので財務整理を決行することにしました。債務整理すると借金が大幅に少なくなりますし、差し押さえを免除される事になるからです。家から近くの弁護士事務所で話を聞いてもらいました。親切になって悩み事を聞いてくれました。債務整理が済んだ後は、携帯料金の分割払いができないことになります。これは携帯電話代の支払いを分割にすることが、お金を借りる行為に当てはまるからです。だから、携帯電話を購入したいのであれば、一括払いで買うことになるのです。債務整理をしたら、ブラックリストに記載されて、その記録は、5年間残り、クレジットカードの審査を通ることは難しいと聞いた事があります。とはいえ、5年の年月が過ぎないうちに持てる人もいます。そんな場合は、借金を完済している場合がほとんどになります。信用されたなら、カードを作成する事が出来ます。

 

借金返済の方法が見つからずに個人再生を選択した場合、個人再生には複数の不都合があります。一番は高い費用がかかることで、減額した以上に弁護士に払うお金が多いなんて事もあります。しかも、この手段は手続きが長期間になるため、減額になるまでにたくさんの時間を要することがたくさんあります。借金を解決するための債務整理は専業主婦でも選べます。もちろん、誰にも極秘で処分をうけることもできると思いますが、大がかりになってしまう場合には家族と話し合ってみた方がいいです。専業主婦でも返済が困難になれば、弁護士の力によって解決の可能性はあります。借金返済の方法が完全になくなり、最終的に自己破産を選んだ場合、自己破産は特に資産を持っていない人だと、簡単な手続きで、終えられますが、弁護士に任せないと手続きを一人でするのはとても難しいです。自己破産に必要な費用は平均で総額20〜80万円程度と高いですが、このお金は借金でまかなうことができませんので、きちんと手元にある状態で相談するべきです。任意整理の後、任意整理の打ち合わせをした業者に借り入れすることは難しくなります。ただ、任意整理後、様々なところから借り入れたお金を返してしまったら、およそ5年から10年経てば信用情報機関に登録されたデータが削除されますので、それから先は借り入れができるでしょう。私は個人再生を申し立てたことで家のローンの支払いがとても軽減されました。これまでは毎回返済するのが重たかったのですが、個人再生という方法のお陰ではるかに返済金額が少なくなり、生活に余裕が生まれました。遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと嬉しく思います。借金を返すことができなさそうな場合、司法書士や弁護士に頼り、債務を免除してもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理などの措置をしてもらいます。任意整理という処置でも、自宅などを保持しながら借金を返済する個人再生という選択もあるのです。負債額が減りますが、マイホームのローンなどは残額としてありますので、要注意です。個人再生に必要なお金というのは頼んだ弁護士や司法書士によって異なります。お金で困窮しているのにそんなの払えるわけがないという人でも分割払いでも大丈夫なので相談が可能なのです。悩んでいる人は相談するべきだとと感じますね。自己破産の良いところは免責となることで借金を返さなくても良くなることです。お金の返済方法に悩んだり、金策に走り回ることがなくなります。特に、財産をあまり持っていない人にとっては、借金返済で手放さなくてはいけないものが少しなので、良いことが多いと言えるのです。債務整理を悪徳弁護士に頼んでしまった場合、最悪なことになるため注意を要します。インターネットの口コミなどで良識のある弁護士にお願いしないとものすごく高い手数料を請求されたりしますから気を抜かない方がいいでしょう。アンテナを張り巡らせる必要がありますね。裁判所を通さずに交渉し、合意成立してから、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査の段階で通ることが出来ません。ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、記載が抹消されるまでには5〜10年の歳月が必要ですので、その時間を待てばキャッシングが可能です。

 

借金が膨大すぎて、もうどう考えても借金返済の方法が検討もつかないとなってしまった時は弁護士や司法書士の力を借りましょう。もうギブアップという場合は自己破産という手段を選べます。何年間か海外に行けなくなるなどの制限をつけられますが、借金はチャラになります。個人再生という措置をうけるには、安定収入などのある程度の条件が必須です。自己破産とは、借金を返すことがもう明らかに無理だということを裁判所から認めてもらい、法律によって、借金を帳消しにしてもらうことができる仕組みです。生活する中で、最低限、要する財産以外は、何もかも手放すことになります。日本の国民である以上は、誰もが自己破産ができるのです。私は複数の消費者金融からお金を貸してもらっていましたが、返済することができなくなり、債務整理をせざるを得なくなりました。債務整理にも様々な方法があり、私が選んだのは自己破産というものです。一旦自己破産すると借金が帳消しになるので、負担から開放されました。債権調査票いうのは、債務整理をする際に、どこでお金をどれほど借りているのかを明確にさせるための書類です。借金をしている会社に頼むと対応してもらえます。ヤミ金に関しては、もらえないこともありますけれど、その際には、自分で書面を準備すれば大丈夫です。任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすることで、金利の引き下げや元金だけの返済で可能なように交渉するという公共機関である裁判所には関わらずに借金減額の対処方法です。ほとんどのケースでは弁護士とか司法書士が債務者に代わって相談し、月ごとに支払う金額を減らすことで、借金を全て払える道筋がついてきます。複数の金融会社からの借り入れや幾つかのカードローンをしていると月々の返済額がかさんでしまい、暮らしの負担になってしまう場合に債務整理で融資をすべてすべてを集めて一本化することで月毎の返済額を相当額少なくすることができるというたくさんのメリットがあるのです。個人再生手続きの手段ですが、これは弁護士に依頼するのが一番スムーズです。弁護士にお願いすることでほとんどの手続きをしてくれます。途中で裁判所へ足を運んだり、債権者と話し合いをする場合もありますが、難しいことは全て弁護士にお願いできます。債務整理をしたら、結婚をした時に影響が出るのではないかと思っている人がいますが、債務を整理せずに、多額の借金が残っているほうが問題です。債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、家を建てる場合、債務整理後、7年間は住宅ローンが組めない事でしょう。7年以上間をあければローンを組むことが可能になります。借金が全部なくなるのが自己破産といった制度です。借金で辛い毎日を送っておられる方には嬉しいものですよね。ただし、メリットばかりではありません。言うまでもなく、デメリットもあります。家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。さらに、およそ10年はブラックリストに登録されてしまう為、新しい借金はできなくなります。任意整理が終わってから、どうしてもお金が必要になったからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査のタイミングでNGが出されます。一旦信用情報機関のブラックリストに記されてしまった場合、記載が抹消されるまでには5〜10年は必要になるため、それより後になれば借金ができます。

 

 

 

リンク集