借金返済方法

家族に知られずに借金問題を解決する方法って?

このサイトにアクセスしてくださってありがとうございます。
このサイトを訪れてくれたということは、何らかの借金問題を抱えていて悩んでおられるのだと思います。
悩むどころか、金融会社からの厳しい催促電話が続いていたり、裁判所からの通知が届いたりして、眠れぬ日々を過ごしている人もいるかもしれません。

 

借金返済に悩む理由は人それぞれです。

 

  • 株やFXなどの投資の失敗
  • パチンコや競馬などのギャンブル資金
  • 急な病気や失業
  • 事業資金
  • 男女関係の交際費用

 

などなど。

 

更には自分に落ち度がないような理由もあるでしょう。

 

  • 亡くなった親族から債務を相続してしまった。
  • 保証人として友達のローンを背負う羽目になってしまった。

 

などなど。

 

 

でもほとんどの人が、借入をした際には「すぐに問題なく返済できるはずだったのに、、」と思っていたでしょう。

 

当初の契約通りに全額を返済するのが一番いいというのはまさしくそのとおりです。
でも当初の計画が狂ってしまって、いくら頑張っても無理なものは無理という状況はあると思います。

 

そんな時に一人で悶々と考えていても、思考はどんどんとマイナス方向に進んでいくことになってしまいます。

 

いったいどうしたらいいのか?

 

 

借金を返済できずに生活に困窮している人の為に、きちんと整備された救済制度が存在するんですよ。
それが最近は巷でも耳にすることも多くなってきた、いわゆる「債務整理」と呼ばれる方法ですね。

 

「債務整理」と聞くと、ダメ人間の烙印を押されるような気がして、拒否反応を起こしてしまう人もいるようです。

 

でも「債務整理」というのはそんなものじゃないんです。人として尊厳ある生活を維持するために整備された制度なんです。

 

借金問題で精神的にまいってしまう人の多くは、金融会社からの矢のような催促が原因になっていることが多いようです。

 

債務整理の法的手続きを開始するまず最初のメリットは、金融会社からの催促が一切なくなるという事なんです。
法的手続きを開始した人へ直接請求する行為は法律で禁じられているので。
早ければその日のうちに催促電話がかかってくることがなくなるようです。
だからもっと早くやっておけばよかったと言う人がほとんどなんですよね。

 

家族や周囲に知られることなく借金を解決したいなら、すぐにでも金融会社からの催促を止める事が最重要課題ですからね。

 

債務問題を解決する4つの方法

個人の借金返済を解決するための債務整理(法的な手続き)には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類の方法があります。
それぞれについて、簡単に内容を説明したいと思います。
あなたにとって実際にどの方法が最も良いのかは、最終的に弁護士と相談して決める事になると思います。
なのでまずはそれぞれの概要だけ簡単に把握しておけば、話がスムーズに進んでいくと思います。まずはこの知識さえあれば大丈夫なので押さえておいてください。

 

 

【任意整理】

 

支払額を減らす事で、借金返済が可能になる場合に行うのが任意整理です。
裁判所を介さずに、借入先金融会社との交渉によって借金の額を確定して、弁済方法について和解することです。
全ての借入先金融会社1社1社と債務に関する交渉が必要となります。だからかなり手間がかかり、かつ高度な交渉力が必要な方法といえるでしょう。
本人がすることもできるわけですが、裁判所を通さない私的な債務整理なので、債務者本人の交渉には応じない金融会社も多いんですね。
そして、もし応じてもらえたとしても債権者有利の内容になってしまいがちなので弁護士や司法書士などの専門家に依頼したほうがよいと言われています。
また長期間に渡って高金利での借入を行っていた場合、過払金の返金という形でお金が戻ってくる可能性があります。
裁判所を介さずに行うので官報への掲載などがなされず、基本的に誰にもバレることはありません。

 

 

【特定調停】

 

特定調停は簡易裁判所に申し立て、調停委員を仲裁役として、債務者の経済的再建を支援する制度です。
裁判所における任意整理というイメージです。利息制限法に基づいて債務を引き直し、3年程度で将来利息なしの分割返済に変更してもらうことを目的とします。
過払い金の返還請求はできません。

 

 

【個人再生】

 

銀行などの金融機関に住宅ローン借入があり、自宅を手放したくない場合に行う方法が個人再生です。
自己破産すると所有物件を、競売や任意売却などで手放す必要があるため、救済措置としてできた民事再生法という法律の中の手続きのひとつで、比較的新しい方法です。
個人再生を申し立てるには、弁護士に再生計画を作成してもらう必要があります。将来に渡って一定の収入が見込める必要があります。
再生案が認められると、借金が「借金の5分の1か100万円の多いほう」に減額できます。

 

 

【自己破産】

 

自己破産とは、債務者が自分の全財産で借金を返済することが不可能になった場合(=支払不能)、強制的に財産を金銭にかえて全債権者(借入先金融会社)に公平に分配する裁判手続です。
自己破産は、無職・無収入や、収入に対して債務額が大きすぎて返済不能になっている場合など、他の整理方法では解決できない場合の、全ての借金を帳消しにできる最終手段です。
本当にどうにもならない場合は、自己破産して再スタートするしかないでしょう。

 

 

 

 

弁護士に相談するということ

上記に記載したいずれの法的手続きも、実際に行うには高度な専門知識が必要になるわけです。
自分で勉強して知識を得る事も不可能ではないですが、やはり現実的には弁護士に依頼する事になるでしょう。

 

自己破産や個人再生、特定調停は裁判所での手続きが必要になります。
また任意整理に至っては、借入を行っている本人からの申し出は、ほとんどの金融会社が応じないというのは先ほど書いたとおりですから。

 

弁護士に依頼すると、まずは、債権者(借入先金融会社)に「受任通知」という封書が送られます。
この通知が届くと金融会社からの借金返済の催促が一斉に止まるわけですね。
現在、借金返済の催促が続いているようでしたら、家族や職場にバレる前に、とにかく弁護士に相談する事です。
通知が届くまで待てないというような緊急の場合は、弁護士に相談して、債権者に電話連絡してもらえばいいですよ。
それまで続いていた嵐のような催促が、いとも簡単に止まるので、拍子抜けしたという人が多いのも実情です。

 

ただ、それまでの人生で、弁護士に相談するという事がなかったという人がほとんどなわけです。
それもあって弁護士という存在が身近ではなく、弁護士に相談するという事を恥ずかしく思ったり、費用を心配する人が多いようです。

 

しかし今は借金問題で困っている人は本当に多く、借金問題を弁護士に相談するということはごく当たり前のような状況になっています。
「債務整理」が専門という弁護士の多さがそれを物語っているでしょう。だから弁護士に相談するという事に対して必要以上に構える事はないと思います。

 

また最近は弁護士が増えたということもあり、費用面でもかなり安くなって来ているようですし、分割払いも可能なところが多いです。
借金返済に苦しんでいる人が、手持ち資金に乏しい事は弁護士側ももちろん承知していることなので、事前に色々と心配する必要はないと思います。

 

 

 

 

借金解決診断シミュレーターを利用してみる

ただやっぱり、いきなり弁護士事務所に電話をするというのは、かなり勇気がいる行動ですよね。
そこで、「借金解決診断シミュレーター」というサービスを紹介したいと思います。

 

 借金解決診断シミュレーターというのは、簡単な質問に答えるだけで(5問程度)、債務の減額方法や月々の返済額がいくらになるのかを調べる事ができるサービスです。
借金問題の解決にむけて、何も見通しがつかないような、まるで雲を掴むような状態からは抜け出せると思いますよ。
(日本全国OK、土日祝日OK、24時間受付OK)

 

名前や住所も入力不要なので、匿名で利用できるというのもありがたいですよね。もちろん無料で利用できます。
そして借金を解決できそうな診断結果が出た場合に、実際に弁護士に相談すればよいのではないかと思います。

 

ただ悶々と悩んでいるだけでは、借金問題を解決することはできませんからね。
少しの勇気と少しの行動が、以前のような平穏な生活を取り戻す第一歩となります。

 

ぜひ一度、この「借金解決診断シミュレーター」というサービスを利用してみてください。

 

あなたの借金問題が解決することを心から祈っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク集